妊娠させやすい体内環境

男性ができる妊娠させやすい体内環境づくりは、とてもシンプルです。他の健康法でもよく言われているような基本的なことをするだけです。ここではあらためて、それを確認していきます。

 

■過度の飲酒を控える

アルコールが体内に残っているうちは、体がその分解に追われてしまうため、精子を製造している余裕がありません。なので精子の製造能力が落ちてしまいます。実際、お酒を飲んだ後はセックスが出来ない(しても射精まで至らない)という男性も多いでしょう。これはアルコールの分解が、性機能の妨げになることを実感できる瞬間の一つかと思います。

 

特に長年に渡って、常に体内にアルコールがあるような状態が続いている、いわばアルコール中毒のような方の場合、その期間に完全に造精機能障害に陥ってしまっている場合があります。なので、まずは過度の飲酒を控えることが大切です。

 

■禁煙をする

タバコは精子の数を減少させてしまいます。また、直接精子の数を減らすのはもちろん、健康な精子を作り出すために必要な全身の健康も喫煙は阻害しますので、やはり辞める必要があります。つまり直接間接両方の理由で、禁煙が必要ということです。

 

■バランスのとれた食事をする

栄養バランスは男性不妊の予防や改善にも重要です。例えば精子を製造するためにはビタミンCやビタミンE、亜鉛などの物質が欠かせません。他にもマグネシウム、カルシウムなど様々な栄養素が複合して、精子や精液は作られています。これらの栄養はそれだけを摂取していればいいわけではなく、バランスよくあらゆる栄養素を摂取して初めて効果があるので、栄養バランスはやはり重要です。

 

■適度な運動

適度な運動は全身の血管を拡張させるので、男性器の血管の拡張にもつながり、これが勃起力を高めることにもつながります。また、精子を製造する能力も高めます。加えて、体力がつくことで性行為をより楽しめるようになり、回数も増えます。これによっても不妊症の改善が期待できます。

 

■睾丸を暖めない

睾丸は、体温よりも3度程度低く保つのが理想と言われています。精子は高温に弱いからです。なので、体に密着するタイプのブリーフよりは、トランクスのようにゆるやかで、睾丸を涼しく保てるタイプの下着がいいとされています。特に昔の日本人男性がしていたふんどしは理想的で、昔の男性の方が生殖能力が高かった理由でもあると考えられています。

このように、最後の項目以外はどの健康法でも共通する基礎的なことなのでしっかり守るようにしましょう。

男性不妊はペニスの状態が良くない場合もありますが、下記のような
原因不明、勃起障害、精索静脈瘤、精路閉塞、染色体異常、射精障害、性腺発育不全
亜鉛不足、ビタミン不足、タバコ・2日酔い・ストレス、睡眠不足などからもペニスが立たないことも
あるようです。
取り急ぎできることは生活の改善です。禁煙や過度のストレスを溜めない・バランスの取れた食事などを
実践していきましょう。

それと同時にサプリメントの服用でペニスの機能が改善されるかもしれません。
最近話題の「ゼファルリンを服用されて、中折れ・持続・早漏などが以前より改善されたという
声もあります。を服用されて、中折れ・持続・早漏などが以前より改善されたという
声もあります。

男性不妊を治すためにもどの方法がいいかわかりませんが何かはじめてみましょう。
何もしなければ、そのままですからね。
体調によって一時的な精子の減少、精液量の不足がみられることも多い”>体調によって一時的な精子の減少、精液量の不足がみられることも多い

 

最新投稿

  • 妊娠させやすい体内環境

    男性ができる妊娠させやすい体内環境づくりは、とてもシンプルです。他の健康法でもよく言われているような基本的なことをするだけです。ここではあらためて、それを確認していきます。   ■過度の飲酒を控える アルコール …

  • 男性不妊の特徴

    男性不妊の原因となる性機能障害には様々なものがあります。ここではそれらを個別に紹介していきます。   ■インポテンス 俗に「インポ」と言われる、多くの方がご存知の性機能障害です。これは勃起不全(ED)と一緒にさ …

  • 男性不妊の現状

    男性不妊の症状をそれぞれ紹介していきます。男性不妊に悩む男性の9割が、こうした精子を作る機能障害と言われています。   ■乏精子症 これは名前の通り精子が乏しい、つまり少ない症状です。精子を製造する機能の障害に …

  • 精液の異常

    男性不妊の原因として特に大きなものに、無精子症と精子無力症などが挙げられます。これらの造精機能障害は、精液検査を受けて初めてわかるケースが多いので、男性不妊に悩んでいる場合は早めに検査を受けることが必要です。 &nbsp …